リレー インタビュー:クラウド コンピューディングの光と影
株式会社 アークウェイ
代表取締役
森屋英治 (もりや ひではる) 氏

VS

@IT Insider.NET
副編集長
一色政彦 (いっしき まさひこ) 氏

vol.1 「クラウド コンピューティングの可能性と Windows Azure」

← 前のページへ 01 02  
  • ■ SIer は苦境に立たされるのか?
  • 一色:クラウドの利用が広がると、これまで企業に納める情報システムを受託開発してきたシステム インテグレータ (以下 SIer) は大打撃を受けるのではないかという意見がありますね。正直なところ、受託価格の中にハードウェアを含めて、ここで利益を上げていたような SIer がいたとすれば、そういうビジネスは厳しくなるのではないかと思います。
  • 森屋:言い方を変えれば、ソフトウェアの価値を赤裸々にしないといけません。今まではハードウェアに隠れていたとすれば、それが表に出てくる。そこでソフトウェアの付加価値をアピールできないといけません。残念ながら、歴史的にソフトウェアは「ハードウェアのオマケ」として扱われることもありましたが、いよいよソフトウェアが主役になれる時代がやってきたということでしょう。
  • 一色:SIer の人たちからは、クラウドに関してネガティブな意見を多く聞きます。確かに、SIer が何も変えずにビジネスを継続できるかといえば難しいでしょう。しかし今は、クラウドの可能性に注目して、クラウドの特性を生かす新しいサービスを考える時期だと思っています。変わる努力をしないで、ただ今までの視点で、クラウドの欠点や問題点ばかりをあげつらうのは間違いです。
  • 森屋:クラウドがこれから直面する問題は多々あると思います。しかしコンピューティングの将来は、すべてがクラウドに移行するか、しないかという二元論ではありえません。「レガシー (legacy = 遺産、遺物) 」などと揶揄されながら、今なおメインフレームが一部のコンピューティング基盤を支えていることからも分かるとおり、クラウドの利用が広がったとしても、それは一部であって、従来型の社内システムがなくなるわけではありません。あまり悲観的になる必要はありません。
  • ■クラウドの上に「もうひと皮」
  • 一色:Windows Azure はクラウド OS で、.NET Services や SQL Services など、アプリケーション向けに豊富なビルディング ブロックを提供してくれます (下図)。


    Windows Azure Services Platform
    米MicrosoftのWindows Azure解説ページより引用
  •  これは非常に頼もしくもあるのですが、Azure ベースでアプリケーションを開発してしまうと、マイクロソフトのサービスに全面的に依存してしまうのではないか、と危惧する人もいます。
  • 森屋:すでに Windows Azure には、Message Bus と呼ばれるしくみがあり、ここに外部サービスを登録すれば、Windows Azure 上のアプリケーションと外部サービスが連携できるようになります。
  • 一色:Message Bus によるサービス連携は知っていますが、仮に外部に Oracle が提供するクラウド型のデータベース サービスがあったとして、Azure アプリケーションとこのサービスを本当にうまく連携できるのか、なかなかイメージできません。
  • 森屋:確かに現段階では、想像が難しいですね。でも将来は、クラウド上にデータが集約されて、クラウド上で識別可能なユーザー ID を与えれば、さまざまなデータをそこから取り出し、それらを異なる主体が提供するクラウド上のサービスから利用するなどが可能になると考えています。現在でも、ERP など、さまざまな機能がソフトウェア パッケージとして販売されていますが、パッケージ間の連携は簡単ではありません。これを目的とするしくみはあれども、現実には簡単ではない。この点クラウドなら、サービスやデータのフェデレーション (連邦化) が容易になるのではないかと期待しています。
  • 一色:今のクラウドの上に、さらに「ひと皮」かぶせるような感じですか。
  • 森屋:そうです。クラウドにぜひとも市民権が欲しいのです。クラウドはまだ生まれたてで、本当の市民権を得る存在になるには、世界がさらにもう 1 度進化する必要があると思います。
  • ■機密データは社内に置くほうが危険?
  • 一色:企業ユーザーがクラウドを積極的に使うための最大のハードルは、やはり情報セキュリティでしょうか。中小事業者はともかく、大企業が機密情報をネットワークの向こう側にあるクラウドに預けるとは考えにくいと言う人が少なくありません。
  • 森屋:それももっともな意見ですが、実際の現場は、必ずしもそれほど単純ではありません。残念なことではありますが、情報漏えい事故、事件の多くは、社外からのアタックではなく、アプリケーションのバグや設定ミス、社内利用者の不注意、不正などが原因になっています。このため企業ユーザーの多くが、機密データは社内に置くほうが危険だという認識を持っています。
  • 一色:クラウドにデータを預けて、万一情報漏えいが発生したら、契約に基づいてクラウド サービス事業者の責任を追及できるということもありますね。システムのバグや運用ミスなどから情報漏えいが発生することも多いので、技術上もクラウドに預けたほうが安全性は高いといえるかもしれません。
  • 森屋:そうですね。みなさんが考えるほど、企業はデータを外部に出すことに抵抗を感じないのではないか、というのが私の予想です。
  • ■ソフトウェアの可能性を大きく広げるクラウド
  • 一色:まだ開発途中ですが、マイクロソフトは、これまでの .NET アプリケーション開発のノウハウをそのまま生かして、Azure 対応アプリケーションを開発できるようにするといっています。事実、ASP.NET アプリケーションをそのまま Windows Azure に乗せたサンプルなどが公開されています。とはいえ現実には、クラウドならではの開発ノウハウが必要になるでしょうね。
  • 森屋:Windows Azure はまだまだ発展途上で、これから成長していくものだと思います。ですから実際にシステムに適用しようとすれば、さまざまな問題や制約が明らかになってくるでしょう。
  • 一色:制約があるからこそチャンスがあるとも言えますね。Web にしても、もともとは HTTP のような重いプロトコルと、シンプルな HTML を使っていたわけですが、そうした Web の制約を克服して可能性を広げるために、知恵を絞って生まれたのが AJAX や Silverlight などでした。こうしたアイデアを出して、ブレークスルーさせて成功した人がご褒美をもらってきました。Windows Azure にしても、ほかのクラウド サービスにしても、制約を克服するアイデアを出した人がリターンを得ることになるでしょう。
  • 森屋:制約をうまく克服して自身の力にするには、その制約を生む対象を十分に理解する必要がありますね。
  • 一色:もう 1 つ。プラットフォームを理解することも重要ですが、プラットフォームの進化は、下位技術に対する必要知識を軽減してくれるという働きがあります。コンピューターの専門知識がそれほどなくても、ソフトウェアを開発できるチャンスが増えるということです。クラウド時代は、コンピューターに詳しい人より、ビジネス センスに優れ、ビジネス アイデアを生み出せる人、それをソフトウェアで実現できる人の価値がいっそう高まるのではないかと想像します。
  • 森屋:これまで話してきたとおり、問題点もあれば、不安要因もありますが、クラウドはソフトウェア開発者に大きなチャンスを与えてくれるニューワールドであって、ワクワクするべきときだと思います。未知の大陸に行ったとき、何ができるかは個々の能力が試されます。そして、そこでアイデアを形にできた誰かがチャンスをつかむ。繰り返しになりますが、そのチャンスは、大企業、大組織ばかりでなく、個人の開発者にも等しく与えられる。それがクラウドなのだと思います。
  • (2008 / 12 / 26 公開)


    ← 前のページへ 01 02